2020年に読んだ本

今は2021年の5月だけれど、そんなこととは無関係に2020年に読んで面白かった本をリストアップしてみる。以下、読んだ順。

 

  • キャロル・オコンネル『愛おしい骨』(東京創元社、2010年)

内容の割に長尺なので、本がぶ厚いと嬉しくなるタイプの人間におすすめ。推理小説と思って読むといまいちかもしれないが、小さな町の雰囲気があたたかく描かれている。ハッピーエンドなのも嬉しい。

 

DEAの捜査官アート・ケラーは麻薬撲滅のための闘いに身を投じる。やがてメキシコの麻薬カルテルの支配者となる宿敵アダン・バレーラと知り合う。バレーラは言うまでもなく残忍である。しかしケラーの方も結果を得るためなら手段を選ばず突き進む。

犬の力シリーズ3部作はほぼ全ての文章が現在形で書かれているので、感想も現在形で書いてみた。けっこう難しい。ところで今Wikipediaを見ていて、ドン・ウィンズロウが昔読んでいた「探偵ニール・ケアリー シリーズ」の作者だと初めて知った。

 

 めっぽうおもしろい!手に汗握るタイムリープもの。最後のセイディとの再会シーンは涙せずにいられない。

多分初めてのスティーヴン・キングだったのだがすっかりはまってしまい、2020年前半はスティーヴン・キングばかり読んでいた。『IT』とビル・ホッジス3部作もおもしろかった。

 

スターリン死後のソ連で国家保安庁職員として働くレオ・デミドフを主人公に据えたスパイ小説。拷問や暗殺は日常茶飯事、スターリンの死やフルシチョフスターリン批判でレオの立場は二転三転し、果てにはハンガリー動乱にも巻き込まれる。

ハリウッド製作のスパイものであれば、何やかんやありつつも鶴(=CIA長官や大統領)の一声で主人公は危うい立場から抜け出し安全と幸せを保障されるものだが、本作では「鶴」そのものが不安定な立場にあるために一切の安心感がない。「…そうはいっても主人公とその家族は大丈夫でしょ?」などという甘えは許されないのである。それゆえに怖くて、めちゃくちゃおもしろい。

 

警察小説シリーズ第2作(なぜか第2作から読み始めてしまった)。凄惨な描写が本当に凄惨でウッとくる部分も多いが、特にキャラクター描写に魅力がある。2020年後半はカリン・スローターばかり読んでいた。

主人公ウィル・トレントは非常に優秀な捜査官でありながら、複雑な生い立ちゆえにコンプレックスの塊でディスレクシアも抱えている。

ウィルの上司アマンダは女性警察官がほぼ皆無だった時代に市警に入り、州捜査局の副長官にまで上りつめた女傑である。ウィルのことは幼少期から見守ってきた経緯があり強い絆があることは確かだが、期待に背けば平然と危険地帯での任務に送り込むし、ディスレクシアという学習障害を周囲に黙っていることと引換えに無理難題を押し付けてくる。

妻のアンジーは本当に人でなしで、どれほど傷つければウィルが離れていくのか、あるいは離れていかないのか試しているようなところがある。シリーズ読者はアンジーのことを大嫌いか大好きかその両方かだと思うが、アンジーファンならば『償いのリミット』は必読。

この他の女性キャラクターも強烈で、いわゆるステレオタイプな女性というのは1人も出てこない。「母親代わり」とか「悪女」とか単純なイメージでは片づけられない人格がそれぞれに与えられており、一見意外な行動にもそれに至る確たる背景があり、そんなリアルな人間同士のリアルな関係性が描かれている。

 

最初の方に紹介した本は読んだのが1年以上前ということもあり、感想の熱量のアンバランスがすごい。読んだらすぐ感想書かないとだめですね。

Justin Timberlake "Perfect for Me" 和訳

急に思い出したように洋楽を和訳してみるシリーズ。

今回の"Perfect for Me"は2020年のアニメ映画「トロールズ ミュージック パワー」のオリジナル曲で、劇中ではブランチ役のJustin Timberlakeが歌っている。

 

I know your favorite song
I hear it every day
君のお気に入りの曲を僕は毎日聴いている

Whoever made your smile
Made it to get in my way
君を笑顔にする奴らが僕の前に立ちふさがる

And every time you laugh
You make that little sound
君が笑うときいつも立てるあの小さな音

It's just the hardest thing
To love you, but not know how

君を愛しているのに どうすれば良いか分からなくて 僕は途方に暮れている

 

So I spend all my nights in the dark and afraid
毎晩暗闇の中で怯えているんだ

'Cause I've tried to forget you
But these things just don't go away
君を諦めようとしたけど どうしても頭から離れない

 

★★I hate that you're perfect, perfect for me
君が完璧なのが嫌だ 僕にとって完璧なのが

If I didn't know better, then I would believe
思い上がった奴なら信じ込めるのかもしれない 2人はお互いに出会うために生まれてきたんだと

That we were made for each other, but I'd know the truth
でも僕は本当のことを知っている

You're no good for me, I'm no good for you
君は僕とはうまくいかない 僕は君とはうまくいかない

And I hate that you're perfect, you're perfect for me
I hate that you're perfect, you're perfect for me
だから君が完璧なのが嫌だ 僕にとって完璧なのが

 

What good are words
When they always just get in our way?
言葉は何の役にも立たない 君と話す度にいつも台無しになる

And it hurts the most just to know
That you don't feel the same, the same
この気持ちが一方通行だと思い知らされる度に胸がしめつけられる

So sometimes, I get down on my knees
And I pray things will change
だから跪いて祈るんだ どうかうまくいきますようにって

But life is what happens when things
They don't work out our way, our way 

でもうまくいかないのが人生というものだよね 

  

繰り返し

★★繰り返し

 

(訳:ひので)

 

トロールたちの国では毎日がパーリナイで、みんなで歌って踊り、「ハグタイム」になると近くにいるトロールと誰彼かまわずハグし合わなければならない。学校の休み時間にトイレで存在感を消していたタイプの人間にとっては地獄のような世界観である。

ブランチはそんな国で唯一の陰キャなので、パーティーもハグも断固拒否。当然みんなから変人扱いされ煙たがられている。しかしトロールたちのリーダーであるポピーはそんな彼にも明るく声をかけ続ける。何度誘いを断られても、差し出したギターをへし折られてもめげない。ヒエラルキーのトップに君臨する者は最下層の人間にもたいてい優しいのである。

そんなこんなでブランチはポピーに恋をしてしまうわけだが、正反対の2人は衝突しまくる。ポピーと喧嘩別れした後、ブランチが1人で彼女への想いを歌うのが"Perfect for Me"ある。後ろ向きなくせに妙にプライドの高い彼の性格がよく表れている曲だと思う。

 

ちなみにシリーズ第1作「トロールズ」は日本ではあまり話題にならず、DVDスルーとなってしまった。あと、ミュージカルなのに吹替版のポピーの声優さんは決して歌が上手いとはいえない(元はAnna Kendrickなのでもちろん上手い)。

続編の「ミュージックパワー」は吹替版の声優を一新し、劇場公開もされている。が、公開時期がコロナと重なったために観客動員数は伸びなかったようだ。

 

www.youtube.com

ニュート・スキャマンダーの主人公性(ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生)

こどもの頃からハリー・ポッターシリーズのファンである。

J.K.ローリング脚本の新シリーズも楽しみにしていたのだが、第1作を観た正直な感想は主人公ニュート・スキャマンダーの影が薄すぎる…というものだった。

ハリーはヴォルデモートに両親を殺害され自らも死の呪いを受けながら生き残るという、主人公成分を濃縮したような主人公である。対してニュートは魔法生物の研究者であり、新シリーズにおける最悪の闇の魔法使いグリンデルバルドとの接点は特にない。さらに個性豊かな脇役―途中退場が惜しまれる存在感のグレイブス、髪型の主張が強すぎるクリーデンス、魅力あふれるクイニーなど―に圧され、どうも人物像が伝わってこない。要は、なぜニュートが主人公としてグリンデルバルドと戦わねばならないのかが分からなかったのだ。

ところがシリーズ第2作においてグリンデルバルドの野望への道筋が示されたことで、対立する存在がニュートでなければならない必然性が見えてきた。物語の対立軸が明確になり俄然おもしろくなってきたので、ここで一度整理しておきたい。

 

※以下の文章は「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」を鑑賞済みの方に向けて書かれています。

 

本作のみどころは何と言っても終盤のグリンデルバルドによるスピーチだろう。公式の英語字幕を見ていないので不正確かもしれないが、一部訳出してみた。

 

It is said that I hate the Non-Magiques, the Muggles, the No-Majes, the Can’t-Spells. I do not hate them, I do not. For I do not fight out of hatred.

世間では私がマグルを憎んでいると言われているようだ。しかし私はマグルを憎んでなどいない。これは憎しみのための闘いではないのだから。

I see the muggles are not lesser, but other. Not worthless, but of other value. Not disposable, but of a different disposition.

マグルが我々より劣っているとは私は思わない。ただ我々とは違うのだ。マグルは価値がないのではなく、違う価値観のもとで生きている。使い捨ての存在ではなく、我々とは違う性質を持っている。

Magic blooms only in rare souls. It is granted to those who live for higher things. Oh, what a world we would make for all of humanity. We who live for freedom, for truth, and for love.

魔力は稀有な魂のもとでのみ花開く。高い志を持つ者にのみ授けられる。ああ、すべての人類のために、我々がどんな世界を作り上げられることか。自由のために、真実のために、そして愛のために生きる我々が。

(訳:ひので)

 

ハリー・ポッターシリーズですでに明かされているように、グリンデルバルドは魔法族による非魔法族の完全な支配を目論んでいる。「劣っているのではなく違うのだ」などとうそぶいているが、彼自身は非魔法族を支配され虐げられて当然の存在だと考えている。

しかしそのようなイデオロギーを公然と打ち出したのでは多数の賛同者は得られず、目的も達成できないだろう。そこで彼はこのスピーチで、魔法族と非魔法族との間に巧妙に線を引いてみせた。両者は「違う」存在であり、魔法族が世界を支配することがむしろ非魔法族のためにもなるという。差別ではなく必要な区別だと主張することで、聴衆の心にひそむ非魔法族への差別意識を正当化したわけだ。

人は多様なものである。魔法族であれ非魔法族であれ一人ひとりが独立した人格を持っている。ひとつの特性にのみ着目して線引きをすることにどれほどの意義があるのだろうか。すくなくとも、支配者の目的をかなえるためだけの作為的な線引きなど是認すべきではないはずだ。

さて、ここで俄然意味をもってくるのが主人公ニュートの生き様である。彼は線を引くということを一切しない。魔法生物の研究者である彼は、あらゆる生物をあるがままに愛している。それを象徴するように、彼の魔法のスーツケースの中には多種多様な生物が一緒くたに暮らしている。私利私欲とは無縁な彼だからこそ、どのような混沌を前にしても利己的な線引きをせず、そのまま受け入れられるのだろう。

この点をもってニュートはグリンデルバルドと真っ向から対立することになり、従って彼は本作の主人公たりえるわけだ。

 

あらゆるものに線を引かないニュートのスタンスに関連して、リタ・レストレンジとの関係にも触れておきたい。

前作での印象は、内気なニュートが兄テセウスの婚約者であるリタに片想いをしていたというものであった。しかし本作で2人の過去が明かされ、印象が大幅に修正された。

リタは魔法族の旧家の生まれであるが、母親は早くに亡くなり、父親は後継ぎとなる弟だけに目をかけリタを無視してきた。心に傷を抱えた彼女はホグワーツでも孤立し嫌われている。そんな彼女に声をかけ親しく接してくれるのはニュートだけだった。リタが彼に恋をするのは自然な成り行きだったと思う。

しかしニュートがリタを気にかけたのは彼女が傷ついていたからにほかならない。怪我をしたカラスの雛を2人が保護する場面は印象的である。ニュートは傷ついた雛に手を差し伸べるのと全く同じ優しさでリタに手を差し伸べたのだ。助けを必要とする者がいれば、彼はそれがリタでなくとも同じように助けようとしただろう。

ニュートの好意はリタが望んだものとは違った。その生い立ちゆえに他者からの愛情に飢えていた彼女は、非常に強い承認欲求を抱えていたはずである。彼女は「他の誰でもない特別な存在」として愛されたかったのであり、それはニュートからは得られなかった。やがて成長したニュートがリタを異性として意識することもあっただろうが、その時には彼女は自身をただ1人の女性として愛してくれるテセウスを選んでいたのだと思う。

 

混沌に作為的な線を引こうとするグリンデルバルドと、混沌を混沌のまま受け入れるニュート。多様性を重視する現代社会らしいテーマだと思っていたのだが、J.K.ローリング自身が性の多様性に逆行する発言をして物議を醸しているらしい。

ファンタスティック・ビーストシリーズがこの対立にどのような答えを見出すのか、続編を待ちたい。